ソラナックスを飲む前に確認したいこと

ソラナックスを飲むときの注意点

ソラナックスは1984年に発売開始された信頼のある薬品です。抗不安薬に分類されています。効果は不安を和らげることが主で、別名安定剤とも呼ばれています。

 

ソラナックスは効き目がよいため多くの場面で使われていますが、効き目と切り離して副作用にも関してもチェックしておかなければならないのが注意点です。注意点を守って服用しても副作用が出ることはありますが、正しくない飲み方をすればより一層、副作用の危険性は上がります。飲む前には必ず注意点を確認しておきましょう。

 

ソラナックスが効く仕組み

ソラナックスはベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

 

パニック障害や強迫性障害などをはじめとした不安障害の原因は神経系の興奮が多くなっています。ですから、この神経系の興奮を抑えることができれば不安障害を抑えることが可能です。

 

脳内物質であるGABAは神経系の興奮を抑えるために役立ちます。

 

ソラナックスはGABAを活発に働かせることにより、神経系の興奮を抑えて結果的に不安障害発作を予防することができるのです。

 

ソラナックスを服用する際の注意点


ここまでの説明でソラナックスが抗不安効果を持っている仕組みがざっくりではありますがわかったと思います。

 

ですが、ソラナックスはどんな人でも注意点を無視して飲んでいい薬ではありません。服用してはいけない人もいますし、服用時に注意点に大いに気をつけなければならない人もいます。

 

ここからは、事前にチェックしておかなければいけない人に向けての注意点を説明していきます。

 

服用禁止のケース

急性狭隅角緑内障の患者

緑内障とは眼圧が上昇することで視野が欠ける等の症状が出る病気です。

 

ソラナックスの注意点として眼圧が上昇してしまうという物がありますので、これにより緑内障はより悪化してしまうでしょう。その為に服用は禁止されています。

 

重症筋無力症の患者

筋無力症は、全身の筋力が衰えることにより、進行すると自力歩行できなくなる等の症状が出る病気です。

 

ソラナックスには注意点として抗不安以外にも筋弛緩作用も持っています。普段であれば問題はありません。しかし、筋無力症で筋力が弱っている状態であればより一層症状が悪化してしまうことから服用は禁止されています。

 

HIVプロテアーゼ阻害剤服用中の患者

こちらの薬品を服用することで、ソラナックスを体内で分解する作用が弱まり、結果的にソラナックスの効果が強くなりすぎる恐れがあります。

 

具体的には鎮静効果が強まりすぎて昏睡状態に陥ったり、呼吸抑制効果が強まりすぎて呼吸停止の恐れがあります。

 

絶対に服用しないようにしましょう。

 

服用注意のケース

心臓に障害を持つ患者

類似薬であるジアゼパム服用で心臓などの循環器系に悪影響が出るという副作用が出ています。今のところソラナックスでの報告はありませんが、服用には十分注意しましょう。

 

肝障害・腎障害のある患者

ソラナックスは肝臓で代謝(薬を分解して体外に排出する準備作業)されます。さらに腎臓ではその分解した成分を尿にして体外に出します。

 

注意点はこの2か所に問題があるとソラナックスが体外に出ていくまでの時間が延長されます。体の中に長く薬があるということはその分副作用の危険性も上がってしまうということになります。

 

脳に物理的障害のある患者

ソラナックスは脳内物質をコントロールして脳に干渉する薬品です。ここで、注意点としてその動きはあくまでも脳のコンディションが問題ないということを前提にしているということになります。

 

脳に物理的な障害があるのにこの薬を服用すると、いつもと違う反応がある恐れがあるのが注意点です。基本的には薬の効果が増してしまうことがほとんどのようなので、最小用量からの服用をおすすめします。

 

呼吸器障害をもっている患者

ソラナックスは脳に干渉して抗不安作用を発揮しますが、していることはそれだけではなく、呼吸機能を含む他の脳の機能も下げてしまいます。

 

健康であれば問題はありませんが、呼吸器が弱っている時は十分注意しましょう。

 

高齢者・衰弱した患者


高齢者や衰弱している患者は体全体が弱っています。肝臓や腎臓が弱っていなくても、様々な身体機能が下がっています。

 

ですから、体の外に薬を出す機能も弱まっていることも多く、副作用リスクは高まっています。服用量は抑え目にした方がいいでしょう。

 

さらに、高齢者はめまいなどの運動機能系の副作用が出やすく、ちょっと転んだだ毛で怪我をしてしまうこともあるようでしょうから、それも注意点として忘れないようにしましょう。

 

妊婦


新生児に障害が出てしまうリスクがあるという報告が出ています。

 

ソラナックスを服用した際の治療効果が、服用した際のリスクよりも大きいと医師が認めた場合だけ飲むようにしましょう。

 

服用を見送った方がいいかもしれないケース

 

小児

小児はデータも少なく、飲んでも問題ないのか危険なのかを判断できていません。できれば飲まない方がいいでしょう。

 

ソラナックスの飲み方に関する注意点

 

ソラナックスはこういう飲み方はしてはいけない、という飲み方があります。

 

長期連用はやめる

長い間飲み続けると、依存症の危険があります。注意点としてはそうなってから急にやめると離脱症状の心配もあります。

 

大量服用はやめる

指定用量よりも大量に飲んでしまうと、眠気が出たりさらに悪化すると昏睡状態におちいるなど危険な副作用の心配があります。

 

車・機械の運転はやめる

注意点として眠気やめまいが出てしまう場合も考えられますので、車・機械を運転する前に飲まないようにして下さい。

 

ソラナックスの副作用・相互作用の注意点

 

こういう人はソラナックスを服用する前に注意点に気をつける、こういう飲み方はしてはいけない、という点について解説しました。

 

しかし、注意点を厳守したところで副作用の危険性はあります。そこで、前もって副作用についてどのような種類のものがあるのかを学びます。

 

さらなる注意点ですが、ソラナックス単独使用では特に何もなかったのに、他の薬品と一緒に飲むことで起こってしまう問題も考えられます。

 

この2点について解説します。

 

 

ソラナックスの副作用

 

ソラナックスは様々な副作用があります。

 

代表的な物は

 

眠気、ふらつき、めまい、興奮、頭痛

 

といったものがあります。

 

この中から特別な注意点として、眠気ふらつきは車を運転する方は要注意です。

 

ソラナックスの相互作用

 

相互作用はつまり、各々の薬の効果を増減させてしまうような作用です。

 

医薬品はその効き目を医師がしっかり検討してから処方量を決めています。

 

相互作用はこの根本的な効き目を変えてしまいますので、注意点としては重要です、

 

わかりやすい例としてはソラナックスと似た効果の抗不安薬を同時に使用することはやめるようにしましょう。同系統の薬であれば相乗効果がありますから、併用は危険です。

 

ソラナックスはこんな薬


ソラナックスは抗不安薬(別名安定剤)発売は1984年です。効果と副作用のバランスがよく、効くまでの時間が短いことからよく使われ、特にアメリカでは一番使われています。

 

ソラナックスを筆頭にベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、不安を和らげる作用はもちろんですが、筋弛緩作用や睡眠作用、抗けいれん作用を持っています。

 

注意点として不安やストレスを感じたようであれば、心療内科などしかるべき科を受診してみましょう。医師が必要であると判断すれば処方してくれますので、必ず医師の指示を仰いで用法用量をきちんと守って服用しましょう。安全度は高い薬品とはいえ、大量服用などをすれば当然副作用の危険度は増大しますので絶対にやめましょう。


http://www.sinirsizfilm.net/ http://www.air-jordan-20.com/ http://www.mulberry-veskeroslo.com/ http://hs-planning.net/